このシステムこそがターンオーバーというわけです。

特に22時〜深夜2時までの240分間はお肌のゴールデンタイムと言われ、お肌の新陳代謝が最も活発化する時間帯です。

この時間にぐっすり眠ることが一番有効なお肌の手入れ方法ということは疑いようのない事実です。

乾燥による痒みの原因の大半は、年齢を重ねることに伴う角質層の細胞間脂質と皮脂分泌の低落や、固形石けんなどの頻繁な洗浄による皮膚のブロック機能の消失によって発現します。

本来、肌の新陳代謝は4週間のサイクルになっていて、1年365日新しい肌細胞が誕生し、常時剥がれています。

こうした「日々の生まれ変わり」によって私たちの皮膚は若々しさをキープしています。

フェイスラインの弛みは老廃物や余分な脂肪が溜まることにより進行します。

リンパ液の流動が停滞すると不要な老廃物が蓄積し、浮腫んだり、脂肪が付きやすくなり、弛んでしまうのです。

ついついPCの画面に釘付けになっていて、眉間にはしわ、更に口角の下がったへの字(余談ではありますが、私はシルエットがそっくりなので「富士山ぐち」と勝手に名付けました)ではないですか?これはお肌の大敵です。

頭皮ケアの主だった目標は健康な毛髪を保つことです。

髪に潤いがなく乾燥し始めたり抜け毛が多くなりはじめるなど、多数の方が頭髪のトラブルを秘めています。

美白(びはく)という考え方は95年から99年頃にかけて美容家で料理研究家の鈴木その子の台頭とともにブームになったが、それよりももっと前からメラニン色素による皮膚トラブル対策に対して活用されていたようだ。
日本皮膚科学会の判定の目安は、@強いかゆみ、A特殊な皮疹とその広がり、B慢性・反復性の経緯3つとも合っているものを「アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん、atopic dermatitis)」と呼んでいる。