常時爪の状況に注意を払っておくことで、軽微な爪の異変や体の変化に対応し、もっと自分に見合ったネイルケアを探し出すことができるのだ。
なんとかできないものかという気持ちでやみくもにマッサージしてしまう人もいますが、特に目の下の皮膚は薄くて弱いので、ただただ擦るように大雑把なマッサージであれば止めておきましょう。
爪の生成される様子は木の年輪のように刻まれるという存在であることから、その時々の健康状態が爪に反映されやすく、髪の毛と同じようにすぐに視界に入って気付きやすいため健康のバロメーターとも呼ばれているようだ。
心臓の遠くにある下半身は、重力の関係でリンパの流動が鈍くなることが普通だろう。
むしろ下半身の浮腫は、リンパ液がやや鈍くなっているというしるし程度に受け取ったほうがよい。
何となくパソコンのモニターに集中しすぎてしまい、眉間に縦じわを作り、なおかつ口角の下がったへの字(余談ですが私はこの形をシルエットから取って「富士山ぐち」と勝手に名付けました)になっているのでは?これはお肌の大敵です。

加齢印象を強くしてしまう中心的な原因の一つが、歯に固着した”蓄積くすみ”です。

一見ツルツルしている歯の外側には、目には見えないデコボコがあり、日常生活の中で黄色い着色やタバコのヤニ汚れが固着していきます。

ネイルのケアとは爪をよりきれいな状態にして維持することを目標に掲げている為、爪の健康状態を知る事はネイルケアの技術の向上にきっと役立ち無駄がないといえるだろう。
日本皮膚科学会の判別基準は、@強い痒み、A特徴的な発疹とその場所、B慢性及び反復性の経過、3つ全部該当するものをアトピー(アトピー性皮膚炎、atopic dermatitis)と言う。
例を挙げるなら…今、この文章を読みながら頬杖をついたりしていませんか?この体勢は掌からの圧力をめいっぱい直接頬に伝えて、皮膚に対して不必要な負担をかけることに繋がるのです。